設計管理について|大規模修繕工事で建物をリニューアル【設計管理も知っておこう】

building.com

大規模修繕工事を設計管理方式で委託しよう

設計管理について

建築図面

設計管理方式

マンションの大規模修繕を実施するにあたり、管理組合がマンションの改修業務に精通している専門家を雇うことがあります。その発注方式として、設計管理方式と呼ばれるものがあります。設計管理では、実際に工事を引き受ける施工業者とは別に、建築士や設計コンサルタントを雇うことで、工事全般のプロセスを管理させることが目的です。

客観的に見極める

なぜ、施工業者とは別に設計コンサルタントを雇う必要性があるかというと、工事費用の問題が大きく関わっています。今では、全国各地に数多くの施工業者が存在しています。しかし、その全部が優良業者というわけではありません。中には、工事費用を誤魔化して多額の費用を要求する悪質業者もいます。ですが、設計管理を選んでおけば、専門家が工事に関する一切のプロセスをチェックするので、そのような事態を防ぐことができます。

設計管理と責任施工の違い

設計管理

設計管理では、実際に工事を行なう施工業者以外に施工全般をチェックしてくれるコンサルタントが工事に携わってくれます。そのことによって手抜き工事の防止はもちろんのこと、工事内容や工事費用の透明性を確保することが可能です。

責任施工

責任施工では、初期段階から施工業者に工事に関する全てを委託することによって、修繕や改築の綿密なスケジュールを立てることができます。また、設計管理のように専門家を雇うことがないので、人材面での費用は少なくて済みます。

設計管理のメリット

定期的に報告してくれる

設計管理では、基本的にご自身に変わり工事をマネジメントしてくれるものの、何か仕様や設備、または材料などの変更点があれば、逐一報告してくれます。そのため、安心して工事を任せておくことができます。

必要な工事を選んでくれる

設計管理で手配されるコンサルタントによって、大規模修繕に関するプランが見直しされます。その結果、不要な工事や材料を取り除き、本当に必要な工事だけを行なうことができます。

施工業者を選定してくれる

設計管理では、ご自身に変わり競争入札などの競争原理を導入することによって、費用削減を見込める施工業者をしっかりと選んでくれます。そのため、大規模修繕で費用削減を目指すができます。

広告募集中